ほぼ日刊背中脱毛新聞
ほぼ日刊背中脱毛新聞
ホーム > 現金化 > 分割入金と現金化に見える危険性の高さ

分割入金と現金化に見える危険性の高さ

お金が必要になるときには、何か予兆があるわけではないでしょう。 

突然お金が必要になるから、用意の仕方も考えている暇がなかったりするのです。

そんな時でも、クレジットカードがあれば、現金化をすることで乗り越えられるかもしれません。

 

クレジットカードの現金化というのはショッピング枠を使った方法で、購入から売却といった流れで現金化します。

借入れではないため、審査がない方法で、だんだんと定着しつつあります。

自分で行う方法もありますが、確実なのは業者に依頼する方法です。

ですが、相手が業者だからこそ、注意点も出てきます。

 

基本は一括入金ですが、分割入金にするといわれることがあります。

分割でも入金でも、現状を乗り切ることができるのなら、それでもいいと思うこともあるでしょう。

特に高還元率の取引きを条件に出されると、納得してしまう可能性もあるはずです。

98%のように限りなく少ない損失にできるのですから、都合がいいでしょう。

しかし、そんな都合のいい話はあるわけないのです。

この還元率には業者の利益はありません。

分割で入金となれば、回数分だけ振込手数料が出てしまいます。

手数料が無料としても、手間と時間はかかるのですから、赤字になるでしょう。

 

業者として利がないことをする理由はどこにあるのか、考えなければいけません。

その答えは、1回目の振込みはあっても、その後はなくなってしまうのです。

つまり、とんずらです。

それ以外に利益を上げる方法はないのですから、注意しなければいけないことがわかるでしょう。

参考サイト:http://www.genkinka-press.com/